タイチ式旗揚げ記念日!サプライズ&試合結果まとめ

タイチ式旗揚げ記念日!サプライズ&試合結果まとめ
スポンサーリンク

3月3日。

新日本プロレス旗揚げ記念日興行を予定していたこの日、タイチ選手による『タイチ式旗揚げ記念日』興行が同日同時刻・同対戦カード(一部変更あり)で開催されました。

開催場所は、タイチ選手の個人YouTubeチャンネル『njpw taichi world』。

大方の予想通り、実在する選手を使用して本格プロレス対戦を楽しめるプレイステーション4のゲームソフト『FIRE PRO-WRESTLING WORLD(通称:ファイプロワールド)』を使用しての約2時間の興行。

伝説のプロレスゲームが蘇る! PS4/Steam『FIRE PROWRESTLING WORLD』公式サイトです。
www.spike-chunsoft.co.jp

どんなゲームかは先日まとめた記事にも書いているので省略させて頂いて、

タイチ式旗揚げ記念日開催!聖帝タイチの粋な計らい
新日本プロレスから当面の興行を中止するという発表があってちょうど2日。 "愛を捨てた聖帝"タイチ選手より、こんなツイートが投稿されました。 https://tw…
jag-pw.com

早速、サプライズに満ちた『タイチ式旗揚げ記念日』を振り返りたいと思います。

贅沢過ぎる遊び

番組開始直後、最初に登場したのはまさかの尾崎リングアナ

続いて『ファイプロワールド』総監督のともぞう監督が登場し、プレイヤーとして金丸義信選手エル・デスペラード選手DOUKI選手が参戦。

“非公式”のはずの『タイチ式旗揚げ記念日』ですが、リングアナ、ゲーム総監督、鈴木軍メンバーという公式顔負けの完璧過ぎる布陣となりました。


鈴木軍のみなさんの出演も嬉しかったですが、やっぱり一番のサプライズは尾崎リングアナ。

対戦カードの発表から選手入場時のコールまで尾崎リングアナが行うという贅沢過ぎる演出。

タイチ選手にしか出来ない遊び方に「羨ましい!」と思うと同時に、選手・リングアナ・ゲームの制作者まで巻き込んで、エンタメを届けるために動いてくれたタイチ選手には、いきなり頭が下がりまくり。

“愛を捨てた聖帝”、ハンパないです。

試合結果

さて、早速ここからは『タイチ式旗揚げ記念日』の試合結果をまとめていきます。

第一試合

タイチ選手が本間選手、ともぞう監督が真壁選手を操作して、自動操作のヤングライオンと闘った一戦。

生放送をするための機材によるラグ(操作してから画面に反映されるまでの時間差)が発生し、操作感がいつもと違う真壁本間組はヤングライオン相手に大苦戦。

結果、20分時間切れ引き分けとなりました。

この試合の見どころと言えば、何と言ってもヤングライオン2人のキャラメイク。

ゲームに元々入っている選手ではないので、タイチ選手がせっせと作ったキャラクターと思われます。

辻選手はともかく、上村選手、似過ぎでしょ。

第二試合

ゲイブリエル選手のキャラがないため、急遽、中西学復帰戦となった(?)第二試合。

タイガー選手参戦の予定が、真壁選手が鬱憤晴らしに連続参戦すると言う、早くもはちゃめちゃな展開に。

試合は、鈴木選手をDOUKI選手、金丸選手、デスペラード選手を本人が操作すると言う贅沢仕様。

この試合の見どころは、慣れないゲームに一生懸命になる金丸選手と、金丸選手にゲームの操作を教えるデスペラード選手。コメントでは金丸選手への声援がたくさん飛んでいました。

あと、DOUKI選手の可愛いTシャツ。

このTシャツを買うと『オーストラリア・コアラ基金』に売上の一部が寄付されるそうです。

で、試合結果ですが、これまた20分時間切れ引き分け。

第三試合

ゲームの仕様上8人までしか試合を行えないため、フィンレー選手とイーグルス選手は出場停止扱いとして8人タッグマッチで行われたこの試合。

これまでの二連続時間切れ引き分けを受けて、キャラクターの操作は全てコンピュータに任せ、タイチ選手たちはトイレタイム&フリートークタイム(ただの飲み会)状態に。

それでも入場コールは尾崎リングアナ。

選手の身長、体重、二つ名を”そら”で言えるのはさすがプロですね。

試合結果は、またしても20分時間切れ引き分け。実際に起こったらお客さんが不憫な展開。

第四試合

タイチ選手、DOUKI選手は本人、ザック選手はデスペラード選手が操作しての一戦。

この試合に登場のDOUKI選手もタイチ選手がキャラメイクしたと思われる選手。

こちらもなかなかの再現度!

試合は初めて決着が着きました。

19分42秒。田口選手が逆さ押さえ込みでタイチ選手からフォール勝ち。

カットに入ろうとしたDOUKI選手の攻撃が空を切り、そのまま3カウントとなりました。

田口選手から『月刊69』でイジられてしまいそうな、なんとも美味しい結果に。

セミファイナル

この試合は時間の関係か、キャラクターの操作はコンピュータに任せて8倍の試合スピードで行われました。

結果は、22分57秒でオスプレイ選手がストームブレイカーからの片エビ固めでEVIL選手から3カウント。

「EVILは負けてばっかりだな、ゲームも現実も」ってタイチ選手、そりゃないですよ。

メインイベント

幻となった夢のカードは、気を取り直しでしっかりと。

タイチ選手が内藤選手を操作し、ともぞう監督がヒロム選手を操作。

内藤選手らしい”焦らし”からスタートしたこの試合は、いつもの内藤選手のムーブなどを織り交ぜながら、なかなか見応えのある展開が続きました。

終盤はスターダストプレスや、TIME BOMB、互いの掟破り技を挟みつつ進み…

結果、33分38秒で内藤選手がデスティーノでヒロム選手から勝利。

互いの掟破り技なんかは、実際の試合でもし観られたらと思うとかなり熱い展開でした。

最後に

見事約2時間の”自主興行”を完遂したタイチ選手には、ファンとして感謝しかありません。

途中ぐだぐだになったこともありましたが、
それも含めてタイチ選手の「なんとかファンにエンタメを」という心意気が感じられて嬉しかったです。

↑見逃し配信もされているので、まだ観られていない方は少し覗いて頂いて是非高評価を!

タイチ選手、『タイチ式旗揚げ記念日』に参戦してくれた皆さん、グラシアス!

ではまた!